株式会社FSO

  • 日本語
  • English

TEL

MENU

GREETING
代表挨拶

FSO 代表取締役 玉那覇 尚也

国内での飛行機の操縦を
アメリカ並みに気軽に楽しめるようにしたい
FSO 代表取締役
玉那覇 尚也

日本国内のパイロット人口を増やしたい

フライトシミュレーション沖縄の設立の経緯には、創業者の壮大な夢があります。
日本国内のパイロット人口を増やしたい。
その一つの方法として、自分の経験でできることは何か?

出した答えは、まず飛行機を好きになってもらうこと。飛行機を好きになる方法として、操縦の楽しさを知ってもらうことであると。
それにはフライトシミュレーターが最適である。と勝手な定義付けをしての創業でした。

FSOでできること

創業者である玉那覇尚也は、1990年から1年間のアメリカ航空留学体験と、1995年から14年間の在沖米軍基地での飛行教官の経験から、「国内での飛行機の操縦をアメリカ並みに気軽に楽しめるようにしたい」と常々思い、その中で得た米国式飛行訓練を国内で実現しました。

米軍基地にてフライトシミュレーター導入プロジェクトに関わった経緯から、米軍お墨付きの数社のメーカーから特に信頼性が高いPrecision Flight Controls社(PFC社)を選択し、2009年5月に事業を開始しました。

フライトシミュレーターを用いた訓練の特徴は、ヒューマンファクタートレーニングと言われるFITSプログラム(米国連邦航空局、航空機メーカー、航空機電子装置メーカー、大学が共同研究開発したプログラムで、シミュレータと航空機訓練の効果的な組み合わせにより、パイロットの「リスク管理スキル」を向上させ、人的要因に関連する事故を低減するアメリカ最新の訓練方法)と、独自開発した航空英語強化トレーニングを導入し、日米一貫の英語による教育訓練環境を構築し、英語を使いこなし、海外での活躍、安全意識の高いパイロットの養成です。

操縦体験したお客様の中から、訓練生として操縦訓練に移行し、免許取得を実現した方が増えてきていることは嬉しい限りです。

2017年3月には沖縄県と下地島空港利活用事業の基本合意書を締結し、下地島空港をパイロット訓練を始め、将来構想として、沖縄の空の世界を楽しめる世界を作り上げていきたいと考えています。

  • 創業者 玉那覇 尚也 Tamanaha Naoya
  • 1965年 沖縄県出身 琉球大学教育学部卒業
  • 嘉手納基地飛行学校主席教官、米国連邦航空局民間人委託飛行試験官、米国連邦航空局民間人委託安全委員、日本航空機操縦士協会安全講習会講師を経て、フライトシミュレーション沖縄を設立。
  • (株)FSO 代表取締役

Tamanaha Naoya

事業実績

FTD導入

  • 自社用FTD(Precision Flight Controls社製CR12型)x2機
  • 独立行政法人航空大学校FTD(PFC社製CR12型)4機(平成25年5月導入)
  • 公益社団法人日本航空機操縦士協会FTD (PFC1社製MFD型) 1機(平成26年1月導入)
  • 自社用FTD (PFC社製MFD型)x1機(平成26年1月導入)
  • パイロット予備校(PFC社製 CR12型)1機(平成26年11月導入)
  • 朝日航空FTD(GT-trainner型)1機(平成28年4月導入)
  • 朝日航空FTD(PFC社製GTX型)1機(平成28年12月導入)

FTD運用実績

  • 琉球エアーコミューター(株)パイロット訓練生採用試験(FSO)
  • 国内各LCC航空会社のパイロット訓練生採用試験(JAPA)
  • パイロット訓練(航空大学校 宮崎本校及び帯広分校)
  • パイロット受験対策訓練(パイロット予備校)
  • 朝日航空

FTDレベル3認定取得実績

  • 自社用FTD(CR12型)x1機取得
  • 独立行政法人航空大学校FTD(PFC社製CR12型)4機(平成25年5月取得)
  • 公益社団法人日本航空機操縦士協会(PFC社製MFD型)1機(平成26年1月取得)
  • 朝日航空(PFC社製GTX型)1機(平成28年12月取得)

操縦士訓練実績

  • 44名(内12名は米国連携校にて資格取得済み、内7名は国土交通省資格取得済み)
  • 国土交通省航空局 自家用操縦士・計器飛行証明
  • 国土交通省航空局 特定操縦技能審査員技能審査・特定操縦技能審査
  • 米国連邦航空局 自家用操縦士・事業用操縦士・計器飛行証明・多発限定・教育証明
  • 琉球エアーコミューター株式会社パイロット復帰訓練及び技量維持訓練
  • 第一航空株式会社パイロット技量維持訓練

体験プログラム実績

  • 約4700名(観光客、修学旅行、イベントなど含む)